Shooty

磐田・カミンスキー、甲府・河田、新潟・守田、名古屋・楢崎~最終節までJ1残留を争う4チームの鍵を握るGK達

hirobrown

2016/11/03 11:30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

 今季の明治安田生命J1リーグもいよいよ最終節。年間勝点1位の行方も気になるものの、すでに明治安田生命Jリーグチャンピオンシップに出場するチームはほぼ決定しただけに、優勝・CS争いよりも、4チームにJ2降格の可能性が残る残留争いに注目が集まっています。

01_j1%e6%ae%8b%e7%95%99%e4%ba%89%e3%81%844%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%81%ae%e6%88%90%e7%b8%be
最終節までJ2降格の可能性がある4チームの成績

 勝点が3差に収まっている4チームですが、実は総得点が32~37点の僅か5点差に収まっているのです。つまり「1試合に1得点は獲れる」チームであり、これは残留を争うチームにしては得点力は高いと考えられます。そして、4チームそれぞれに「飛び道具」的な卓越した個人技を持つストライカーがいるのも共通しており、外国籍助っ人FWの質では上位クラブよりも上回っているようにも見受けられる程です。

02_%e6%a5%a2%e5%b4%8e%e6%ad%a3%e5%89%9b
名古屋GK楢崎。日本代表で長年に渡って凌ぎを削って来た川口とのポジション争いではしばしば、「川口=ビッグセーブ型、楢崎=安定感」と評されて来た。楢崎は「安定感」で名古屋をJ1残留に導けるのか?by livedoor スポーツ

失点は多いが、J屈指の名手が4人揃うGK

 では失点がどうなのか?と着目すると、4チーム間で最少のアルビレックス新潟こそ48失点と50の大台に達していないものの、この数字は少ない方から数えて13位番目。つまり、下には残留争いをする3チームとすでに降格が決定した湘南ベルマーレ(55失点)とアビスパ福岡(62失点)のみという数字でしかありません。

 一般的には残留争いをするチームは守備を徹底的に堅く保つチームが多く、例年そういうチームが1つはあるもの。そして、そういうチームはたいてい「得点が取れない」。

 しかし、今季最終節まで残留を争う4チームは全て、「得点は獲れるが、失点もする」部分で共通しています。

 ただ、この4チームの主力GKであるジュビロ磐田のクシシュトフ・カミンスキー選手、ヴァンフォーレ甲府の河田晃兵選手、新潟の守田達弥選手、名古屋グランパスの楢崎正剛選手に関してはリーグ屈指のレベルにあるGKで、日本国内では高く評価されている4選手です。

 それは彼等が欠場時との成績を比較すると「平均失点」などで顕著であり、GKとしての大きな存在感を感じさせてくれています。(磐田のカミンスキー選手については下記詳細。)

 「失点は多いけど、頼れるGKがいる!」という共通項を持ち、J1残留を争う最終節、「得点は獲れる」4チームが如何に守るのか?GK達の活躍が欠かせません!

03_j1%e6%ae%8b%e7%95%99%e4%ba%89%e3%81%844%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%81%ae%e4%b8%bb%e5%8a%9bgk%e5%87%ba%e5%a0%b4%e6%99%82%e3%81%a8%e6%ac%a0%e5%a0%b4%e6%99%82%e3%81%ae%e6%88%90%e7%b8%be%e6%af%94
残留を争う4チームの主力GK出場時と欠場時の比較

次ページ:PKセーブを含むビッグセーブの多い「神ンスキー」の存在

1 2 3

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう