Shooty

「J2アシスト王」にして11得点のザスパクサツ群馬MF瀬川祐輔~”群馬のペドリート”は先輩・江坂に続くのか?

hirobrown

2016/10/22 23:30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

 今季の明治安田生命J2リーグも佳境に入る中、J1自動昇格・昇格プレーオフ・あるいはJ3降格から逃れる残留争いと、各クラブが様々な目標に向かって熱い戦いを繰り広げています。

 しかし、上記のような争いと縁のない中位から下位に位置しながらの「無風地帯」に属するクラブは、来季のチーム編成に動いていたり、個人的に大活躍している選手に対しては、J1クラブからのより具体的なオファーも届く時期でもあります。

 そんな中、現在15位のザスパクサツ群馬に今季のJ2でリーグ最多の12アシストを記録する「アシスト王」でありながら、11得点も記録する「点取り屋」としても活躍する選手がいます。(※記録は第36節終了時点、アシスト数は筆者換算)

01_%e7%80%ac%e5%b7%9d%e7%a5%90%e8%bc%94
ここまで11得点12アシストと大ブレイク中。群馬の大卒新人、瀬川。by J’s GOAL
プロフィール

名前:瀬川祐輔(セガワ ユウスケ)
生年月日:1994年2月7日(22歳)
出身:東京都
身長:170cm
体重:67kg
所属クラブ:明治大学(2012-2015)→ザスパクサツ群馬(2016-)
ポジション:FW、サイドMF
背番号:26

 その選手とは明治大学から加入した大卒ルーキーのMF瀬川祐輔選手。

 群馬としては即戦力として獲得した選手ですが、本来は右サイドアタッカーの選手。しかし、昨季は右サイドMFとして鋭い得点感覚を見せたMF吉濱遼平の長期離脱やFW陣の得点力不足もあって、主に2トップの1角として序盤から定位置を確立しました。最近では1トップの最前線を担うほどの信頼感を得ています。

 それもそのはず、開幕先発に抜擢されただけでなく、いきなり2ゴール1アシストの大活躍。その後は得点からは遠ざかるも、6月8日に行われたJ2第17節のアウェイ・ギラヴァンツ北九州戦ではハットトリックも達成。以降はコンスタントに得点に絡み続け、ここまで11得点12アシストという”ダブル-ダブル”の大活躍。アシストに限ってはリーグ最多を記録しています。(話は脱線しますが、この”ダブル-ダブル”を、野球の”トリプル・スリー”のような流行語として浸透させたいものです。)


瀬川がハットトリックを達成した第17節、北九州戦でのゴールシーンからは、多彩な得点能力が垣間見える。

 瀬川選手は今季も10試合ほどは本職のサイドMFとして先発しています。自他共に認める最大の武器はスピードで間違いありませんが、サイドに開いた状態からダイアゴナルラン(ゴールに対して斜めに走る)で中に抜け出す動きや、クロスに対して点で合わせる能力など、オブ・ザ・ボールに優れているからこそ、多くの得点に絡む事ができます。

 その他にも170cmながらも、バネがあるのでヘディングも強い。アシスト能力が高いため、シュートの選択肢を効果的に使う事ができる選手です。
 
 現在の瀬川選手の活躍ぶりを見ていると、J1クラブからも移籍のオファーは殺到していることでしょう。

次ページ:J1へのステップアップなるか?”群馬のペドリート”

1 2

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう