Shooty

フランス代表初招集!キンペンべって、誰?

亀浦六斗

2016/10/18 20:01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

エリアキム・マンガラ(バレンシア)の負傷離脱に伴い、追加招集で初のレ・ブルー(フランス代表の愛称)入りを果たしたプレスネル・キンペンベ。21歳で、所属するパリ・サンジェルマン(PSG)での公式戦通算出場数はわずか17。では、何故そんな彼が代表招集されるに至ったのか?その背景と彼自身について探っていきます。

01_%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%83%98%e3%82%9a%e3%83%b3%e3%83%98%e3%82%99
by PSG Talk

偶然が重なり合って呼ばれる

まず、今回ディディエ・デシャン監督が招集していたCBはロラン・コシエルニー(アーセナル)、ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリー)、ジェレミー・マテュー(バルセロナ)、エイメリック・ラポルテ(アスレティック・ビルバオ)の4人でした。しかし、マテューがまさかの代表引退を表明。この”フェイント”には誰もが驚きましたが、デシャン監督はマンガラを追加招集することで対応。しかしそのマンガラも負傷し、代わりにキンペンベを招集したのです。

他の候補としてはロイク・ペラン(サンテティエンヌ)、マプー・ヤンガ=エムビワ(リヨン)が居ます。しかし、デシャン監督は左利きのCBに拘ったようです。実際レフティーのマテューの代わりにレフティーのマンガラ、さらにその代わりにやはりレフティーのキンペンベを招集しているのでそのように見て間違いないでしょう。
では、次にキンペンベ自身の今季成績を見てみましょう。

ビルドアップ貢献度は高い反面肝心の守備は未熟

今シーズンの出場試合数は7。すべてスタメンフル出場で、内訳はリーグ戦6、フランススーパーカップ1です。リーグ戦はチアゴ・シウバが負傷離脱し、マルキーニョスが母国ブラジルでのオリンピックに出場し休養していた開幕1ヶ月に出場機会を得ました。

出場試合戦績は5勝1敗1分。1試合当たりの得点は2.71G/G(Games per Goal:1試合当たりの得点)、失点は0.71G/Gです。チーム全体として見ると得点は2.22G/G、失点は0.55G/G。もちろん対戦相手や出場しているチームメイトに差があるので絶対的データではないですが、キンペンベがチームに入ると攻撃面の向上が見られる反面守備面ではマイナスとなっています。そしてそれは、彼のプレースタイルにあると思われます。

次ページ:【動画有り】CBにしてはテクニカルだが

1 2

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう