Shooty

祝・ルヴァン杯制覇で初タイトルの浦和ペトロヴィッチ監督~”ミシャ・スタイル”を越えた末の戴冠

hirobrown

2016/10/16 21:35

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

01_%e6%b5%a6%e5%92%8c%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%82%99
13年ぶりの大会制覇となった浦和。主要タイトルの獲得も2007年のACL以来9年ぶりと久しぶりの戴冠となった。by Football ZONE WEB

 代表ウィークを経てシーズンも佳境を迎えた日本のサッカーシーンは、今季最初の主要タイトルの行方を決めるビッグマッチを迎えました。今季の決勝トーナメント以降にヤマザキナビスコカップから改称し、新たに生まれ変わった「YBCルヴァンカップ」の決勝は、2014年の覇者にして3年連続の決勝進出となったガンバ大阪と、同大会では2003年以来13年ぶりの優勝を狙う浦和レッズというライバルによる”ナショナル・ダービー”の対戦となりました。

 2016年10月15日に埼玉スタジアム2002で開催された試合は、立ち上がりからG大阪がハイテンポで圧力をかけて試合を支配。そして、先頃レンタル移籍から完全移籍への移行が発表されたFWアデミウソン選手の約60mを独走する驚異的なドリブル突破から、GKとの1対1を制する圧倒的な個人技でG大阪が先制。ただし、前半の終盤頃から早い時間帯に途中出場したMF駒井善成選手が右サイドで起点となり、浦和がリズムを取り返していました。
 
 迎えた後半、勢いを増した浦和はズラタン選手や李忠成選手と強力FW陣を続けざまに投入し、同点に迫ると、76分。右からのコーナーキックにピッチに入ったばかりのFW李選手がファーストタッチとなるヘディングシュートを決めて1-1の同点に。その後もサイド攻撃を軸に、攻撃に”幅”と”深さ”をもたらしていた浦和が攻勢に出て、G大阪は本来の堅守速攻からのカウンターで一発を狙うという構図に。

 1-1のまま迎えた延長30分を含めて両者ともに決勝点こそ奪えなかったものの、先制されながらも盛り返した浦和はPK戦でも全5選手が成功。5-4で制し、同大会13年ぶり2度目の優勝を遂げました。

 チームとしての主要タイトルの獲得は、2007年のAFCチャンピオンズリーグ以来9年ぶりです。

祝・来日11年目の初戴冠となったペトロヴィッチ監督

02_%e3%83%98%e3%82%9a%e3%83%88%e3%83%ad%e3%82%a6%e3%82%99%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%81
来日11年目で初の主要タイトル獲得となったペトロヴィッチ監督。by 浦和フットボール通信

 浦和は昨季の明治安田生命J1リーグ第1ステージを無敗で優勝する偉業を果たしていましたが、昨年末の明治安田生命Jリーグチャンピオンシップでは準決勝でG大阪の前に延長戦の末に惜敗。

 そのため、浦和のミハイロ・ペトロヴィッチ監督はクラブ史上最長政権となる今季5年目のシーズンで初の主要タイトル獲得となりました。また、2006年6月にシーズン途中からサンフレッチェ広島の監督に就任するために来日した同監督は、広島での5年半の指揮も含めて、来日11年目で悲願の初タイトルとなりました。

 ペトロヴィッチ監督が就任する前年度の浦和はシーズン最後までJ1残留争いを強いられる低迷ぶり。そこでJリーグ屈指のビッグクラブである浦和が、広島で組織的で完成度の高いチームを作っていた同監督を招聘したのが2012年でした。

次ページ:「サンフレッズ浦島」とも揶揄されたが…

1 2

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう