Shooty

アフリカでプレーする唯一の現役日本人プレーヤー。中村元樹選手インタビュー 後編

Yoshitaka Imoto

2016/10/10 18:55

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

アルバニア、マラウイで日本人初のプロ契約を結んだ中村元樹選手。前編では高校卒業からプロ入りするまで、また世界各国のサッカーについてお話を伺いました。
後編はマラウイ・プレミアディジョンへの移籍の経緯、マラウイサッカー、そして中村選手のピッチ外での活動などをインタビューしました。

インタビュー前編

%e4%b8%ad%e6%9d%91%e5%85%83%e6%a8%b9%e9%81%b8%e6%89%8b%e7%94%bb%e5%83%8f6
2016年3月にビィ・フォワードワンダラーズとプロ契約

「全大陸のサッカーが見たい」との思いからマラウイへ

マラウイの話を伺います。今年の4月にマラウイ・プレミアディジョンのビィ・フォワードワンダラーズFCと契約し、マラウイ初の日本人プロサッカー選手になられました。マラウイに移籍する経緯、マラウイを選んだ理由を教えてください。

そうですね。契約してない国もいっぱいあるので正式なものではないんですが、これまで僕がサッカーで行った世界の中で、北米ならニューヨーク・コスモス(アメリカ)、南米だったらペルーやブラジル、ヨーロッパならドイツやアルバニア、アジアだったらラオスやフィリピン、インドなどなどたくさんの国を訪れ自分の目でその国のサッカーを見てきました。そこで全大陸のサッカーを見てみたいなって思えました。全部の大陸のサッカーを見て色んな経験をする事で、僕のサッカー人生をより彩りたいと思い、ラオスにいた時からアフリカへ行きたいなという思いを持っていました。ラオスとの契約が2年半ありましたが、そこで2年半いたら30歳になるので、その後にアフリカ行こうと思ってもなかなか行けないだろうなと考えました。そこで話をして契約を解除してもらって、アフリカでずっとチームを探してました。

元々はガーナのチームであるハーツ・オブ・オークという、チームと、コートジボワールのASECミモザの二チームが来ても良いと言ってくれました。練習参加のインビテーションレターも貰ったりして行く準備をしていました。けれど、僕が膝の口十字靭帯を痛めてしまって、その間に移籍市場が閉まってしまい、結局そこからどこにも行くあてがなくなりました。どうしようか迷いながらも、チェコに自分が選手のマネージメント業をしているチームがあります。そこに選手を何人か(チェコのチームに)送り、自分も一緒にプレーして身体を作りながら、ずっとアフリカでチームを探していました。

それは大変でしたね。アフリカでクラブを探すのは予想以上に難しいのですね。

そうですね、エージェントもさすがにアフリカにコンタクトがなく、自分で動いてました。そこでたまたま知り合いがアフリカにいて、Facebookでその知り合いとちょっと話をしたら、(知り合いが)マラウイという国にいるんだという聞いて、「マラウイってどこやねん」と思いましたよ(笑)。場所も分からないし、国の状況とかも全然分かりませんし、自分で調べて「どんな国なんだ」と見ていました。そのついでにサッカーも見てみたら、日本の企業で車輸出をしているBeforwardという会社がスポンサリングしているチーム(ビィ・フォワードワンダラーズ)を見つけました。もちろんワンダラーズにも連絡しましたし、他のチームにも色々連絡して返事をもらいました、いくつかチームから連絡をもえたのでマラウイにとりあえず行くことにしました。

始めマラウイに対してはどのようなイメージを持っていましたか?

失礼ながらイメージが全く持てない国でしたね。国のイメージは全くなかったので、アフリカの国っていう印象だけでしたね。マラウイの位置はタンザニア、ザンビアが隣国で、それ自体も元々知らなかったんですけど。それで、飛行機に乗ってチェコから行きました、急遽タンザニアで飛行機の乗り換えができなくて二日間滞在するっていうアフリカの洗礼を受けましたが、最終的にマラウイ行きの飛行機に乗れました。ですが飛行機がどんどん下降していっても一向に街が見えずで、到着直前になっても全くもって街が出てきませんでした。もう草、草、草みたいな(笑)、飛行場とかもなくて草原に降り立つんじゃないかと。マラウイの空港近辺も何もなくて、その瞬間にマラウイでやっていけるのかなとすごく心配しました。

けれど、今ここに来てみて思うのは、マラウイの人たちは本当に温かいです。みんなすごいフレンドリーで、すごく平和的というか、アフリカですけど治安が良いんですよ。アフリカの温かい心と言われる「ワォーム・ハート・オブ・アフリカ」は、マラウイの人たちを表しています。本当にそんな感じでみんな温かい人たちで、僕が思っていたイメージは覆されましたね。

また、ここに来る前から報道が大きくされており着いても入国審査もスルーで何故だか凄いスター扱いされていて、マラウィ中どこを歩いていても「ナカムラー元気?」と声を掛けくれ、いつもその優しさとフレンドリーさ癒され助けられてます。

%e4%b8%ad%e6%9d%91%e5%85%83%e6%a8%b9%e9%81%b8%e6%89%8b%e7%94%bb%e5%83%8f7
フレンドリーで平和的なマラウイの人々

次ページ:マラウイでのサッカー、ピッチ外での活動、そして日本人として

1 2

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう