Shooty

【代表戦特集】今夜、日本代表と激突!タイ代表ってどんなチーム?《動画あり》

編集部D

2016/09/06 12:05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

今夜の21時15分に開催される2018FIFAワールドカップ・アジア3次予選において、アウェイで日本代表はタイ代表と激突します。日本代表とタイ代表が最後に試合をしたのは、2008年6月14日に開催された2010FIFAワールドカップ・アジア3次予選以来です。その際は日本がタイを3-0で圧倒しましたが、現在のタイは強化が進み「東南アジアのバルセロナ」という異名を持っています。代表戦前にタイ代表のベールを剥がしていきます。

01_Thaiby smmsport

「東南アジアのバルセロナ」タイ代表

タイ代表は東南アジア屈指の強豪と言われています。東南アジア選手権(AFFスズキカップ)を4回制覇(東南アジア各国で最多)、2018 FIFAワールドカップ・アジア2次予選ではイラクと2度引き分けてグループ1位で予選突破しました。W杯2002年大会予選以来の最終予選進出であり、東南アジアで唯一最終予選を戦うナショナルチームとなりました。

タイ代表の特徴は、ショートパスを緻密に繋げ合わせた「ポゼッション・フットボール/ティキ・タカ」に近いパスサッカーを展開します。美しいパスワークは「東南アジアのバルセロナ」と賞賛されるほどで、流れるような攻撃で格上のイラクを追いつめました。

タイ代表のパスサッカー

近年はタイにルーツを持つ外国生まれの選手を受け入れたり、タイ・プレミアリーグの競技力向上で代表強化が進んでいます。育成と外部からの補強をバランスよく行っており、チャンスがあれば欧州クラブにステップアップした代表選手もいました。成長期の日本代表に似たものがあり、今後も更なる発展が見込まれています。

02_Thaiby smmsport

主力選手達はJリーグクラブにも関係あり

タイ代表の主力選手達はACLでの対戦や練習参加などで、関わりがある場合があります。以下の3選手はタイ代表のキーマンであり、Jリーグクラブと縁がある選手達です。

ティーラトン・ブンマタン-魔法の左足-

プレースキックの名手であり、左足から蹴り出されるシュートは非常に精度が高いです。去年のACLで対戦したガンバ大阪vsブリーラム・ユナイテッド戦において、彼が放つコーナーキックはガンバ大阪のゴールネットに吸い込まれ、ガンバ大阪のホームでも見事なフリーキックを決めました。その左足のキックは、元日本代表の中村俊輔選手と比較されます。

チャナティップ・ソンクラシン-タイのメッシ-

2012年の東南アジア選手権において、同大会史上最年少記録でMVPに輝いた天才。重心の低いドリブルで駆け上がり、ファイナルサード(ゴール前)で決定的な違いを作るセンスは一級品です。彼は2013年11月には清水エスパルスに練習参加をしました。海外リーグに強い志望を抱いており、将来Jリーグクラブに移籍する可能性があります。

次ページ:【動画あり】まだいる強力選手。そして日本と縁深いタイの国内リーグとは?

1 2

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう