Shooty

リオ五輪で日本代表と対戦するコロンビア代表とはどんなチーム?

扇ガ谷 道房

2016/07/20 22:31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

いよいよリオデジャネイロオリンピック(以降、リオ五輪と記載)が開幕します。日本代表はグループBでグループリーグを戦うことになっています。グループBの対戦相手国は、ナイジェリア、コロンビア、スウェーデンの参加国。どの国も強豪チームです。
7月14日に漸くコロンビア代表のメンバーが発表されました。そこで日本が対戦するこのチームについてご紹介致します。

02_コロンビア代表
by ADVANK

関連記事

リオ五輪で日本代表と対戦するスウェーデン代表とはどんなチーム?

OA枠3人を含む18人の精鋭たち

コロンビアサッカー協会から発表されたのは、OA枠選手を含む18名の代表選手たち。
全メンバーの名前、所属をご紹介致します。

GK

○クリスティアン・ボニージャ(アトレティコ・ナシオナル)
ルイス・ウルタド(デポルティーボ・カリ)

DF

クリスティアン・ボルハ(インデペンディエンテ・サンタフェ)
デイベル・マチャド(ミジョナリオス)
○フェリペ・アギラル(アトレティコ・ナシオナル)
エリベルトン・パラシオス(デポルティーボ・カリ)
デイビー・バランタ(アトレティコ・ジュニオール)
☆ウィリアン・テシージョ(インデペンディエンテ・サンタフェ)

MF

セバスティアン・ペレス(アトレティコ・ナシオナル)
ウィルマル・バリオス(デポルテス・トリマ)
○アンドレス・ロア(デポルティーボ・カリ)
ケビン・バランタ(デポルティーボ・カリ)
ジェフェルソン・レルマ(レバンテ/スペイン)

FW

ハロルド・プレシアド(デポルティーボ・カリ)
ミゲル・ボルハ(アトレティコ・ナシオナル)
アンドレス・レンテリーア(サントス・ラグナ/メキシコ)
☆テオフィロ・グティエレス(スポルティング/ポルトガル)
☆ドルラン・パボン(モンテレイ/メキシコ)

☆印の選手がOA枠で選出された選手です。
○印の選手はコパアメリカ代表選手です。

FIFAランキング3位の国

コロンビア代表はアルゼンチン、ベルギーに次いで現在FIFAランキング3位というサッカー強豪国。ドイツ、ブラジル、アルゼンチンよりも上位にいるというのは少し不思議な気がしませんか。
現在世界3位なのですが、ワールドカップ出場はまだ5回だけ。2002年の日韓、2006年のドイツ、2010年の南アフリカの3大会には出場さえしていないのです。しかし前回のブラジル大会ではグループリーグで日本に4対1と圧倒して勝利し、ベスト8になりました。ですから、近年急激にレベルを上げている国と言えるのです。その国のU23代表チームですから、強豪であることは間違いありません。
ちなみに日本代表は1998年から5大会連続でワールドカップに出場していますが、現在のFIFAランキングは残念ながら57位。A代表のFIFAランキングだけ見ると、圧倒的に日本代表が不利ですが、ジャイアントキリングを期待しようじゃないですか。

03_ハメス・ロドリゲス
by YouTube

注目の選手

今回のコロンビア代表チームにOA枠での出場が期待されていた選手がいました。2014年ワールドカップで活躍したレアル・マドリッドのハメス・ロドリゲス、広州恒大のジャクソン・マルティネス、チェルシーのラダメル・フォルカオです。然しながら、今回のリオ五輪での招集は見送られました。
そしてOA枠で選出されたのはDFウィリアン・テシージョ、FWテオフィロ・グティエレス、FWドルラン・パボンの3人でした。中でもドルラン・パボンは2012年のコパ・リベルタドーレスで得点王になったネイマール(当時サントスFC)に次いで7得点したことでもわかる通り、得点力のある危険なFWです。
又もう一人のFWテオフィロ・グティエレスは2009年から常にコロンビアA代表に選出されており、2014年には南米年間最優秀選手賞に輝いています。ですから、このOA枠二人のFWは要注意です。
MFジェフェルソン・レルマはリーガ・エスパニョーラのレバンテでスタメンとして活躍しているスピードある攻撃的ミッドフィールダー。
コパアメリカにも招集されたDFのフェリペ・アギラルは身長190cmの長身ディフェンダー。
スピードとパワーのあるサッカーを展開するお国柄ですが、そこに日本代表が付け入る隙がある筈です。

04_ドルラン・パボン
by UEFA.com

ワールドカップブラジル大会ではこてんぱんに叩きのめされてしまった相手であるコロンビア。世界ランク3位の強豪国ですが、ワールドカップのリベンジを果たしてくれるのを楽しみに観戦しましょう!
コロンビア戦は日本代表グループB第二戦で、現地時間8月7日21時キックオフです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう