Shooty

リオ五輪OA枠内定のガンバ大阪左SB藤春廣輝~『日本のジョルディ・アルバ』の魅力!

hirobrown

2016/06/18 20:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

01_藤春廣輝
by GAMBA OSAKA

6月14日、日本サッカー協会は23歳以下で戦う男子サッカーのリオディジャネイロ五輪代表チームに、23歳以上の選手を3選手まで使えるオーバーエイジ枠の使用を正式に明言しました。
そして、サンフレッチェ広島の塩谷司選手とガンバ大阪の藤春廣輝選手という共に27歳のDF陣の選出を発表しました。
特にサイドバック陣は1月に行われたリオ五輪アジア最終予選に選出された4選手が、一時は全員が負傷離脱するなど負傷者続出の事態に陥っていました。
そのため、OA枠の1枚はSBが確実視されていた中、昨年に日本代表デビューを果たした左SB藤春選手が選出されました。

技巧派集団の強豪で、世界レベルの走力で定位置を奪う!

02_藤春廣輝
by GAMBA OSAKA

2011年に大阪体育大学からG大阪へ加入した藤春選手。G大阪は直近9年間で7度のリーグ3位以上の成績を残している強豪クラブでした。
そんな中、大卒新人の藤春選手は当時の左SBの主力だった下平匠選手(現・横浜Fマリノス)の怪我から先発の機会を奪い、終盤戦にはレギュラーに定着。
当時のG大阪は、遠藤保仁選手や二川孝広選手を軸とする中盤でのパスワークに特徴がある技巧派集団。しかし、相手DF裏のスペースでボールを受ける選手がFW以外には皆無でした。
そんな中、50mを5秒8で走り抜ける圧巻のスピード、それ以上に90分経っても落ちないスタミナなど、走力のベース値が世界レベルにある藤春選手を起用する事で、それを解消する事に成功しました。
特に相手のコーナーキックをクリアした後に始まる、「必殺・藤春カウンター」からは、自身のJリーグ初得点を記録した後も、多くの得点やアシストを量産する武器であり続けています。
そんな藤春選手は高校ラグビーの聖地である花園ラグビー場もある「ラグビーの町」で有名な大阪府東大阪市の出身。小学校からラグビーの花型ポジションであるウイングとしてプレーし、その走力を培ったのです。
結局、2011年はリーグ順位で3位に終わったものの、未だ破られていないクラブ史上最高勝点70を記録するのにも貢献しました。

“鉄人”ぶり発揮の一方、3度の監督交代やJ2降格も経験した”日本のJ・アルバ”

03_藤春廣輝
by 紫色の血が流れる人が集う場所

しかし、Jリーグ最長在任期間となる10年の指揮を執っていた西野朗監督が、この2011年シーズンを最後に退任。監督が交代しても藤春選手はレギュラーとして出場を続け、プロ2年目にはリーグ戦フル出場を果たしました。ただ、チームは長期政権後の歪みを露骨に受けてJ2へ降格。
それでも藤春選手は長丁場のJ2でも全42試合のリーグ戦に出場。2年連続のフル出場という”鉄人”ぶりを発揮し、チームのJ2優勝とJ1昇格に大きく貢献。その年のホームゲームで最も活躍した選手に与えられる日刊スポーツ提供の『黄金の脚賞』も受賞しました。

04_ジョルディ・アルバ
ジョルディ・アルバ選手by カルチョまとめブログ

プロ入り後の最初の3年間で3度の監督交代を経験しながらも定位置を確保し、J2降格とJ1昇格も経験した藤春選手。風貌からは全く感じられなくとも、彼は酸いも甘いも全て経験した現在のG大阪の生き字引的存在です。
そのJ2でプレーしていた2013年、スペインの強豪・バレンシアのスカウトが来日。彼は内田篤人選手(シャルケ04/ドイツ)や長友佑都選手(インテル・ミラノ/イタリア)、酒井宏樹選手(ハノーファー/ドイツ)や酒井高徳選手(当時・シュツットガルト、現・ハンブルク)と質・量ともに世界でもトップクラスにある日本のSB事情に注視しており、「J2にもスペインで通用する左SBがいるね」とコメントしていました。
名前は明かしませんでしたが、当時のJ2で7アシストを記録するなど、クロス成功率がリーグトップを記録していた藤春選手の事でしょう。バレンシアは現スペイン代表の左SBジョルディ・アルバ選手(上記写真はバレンシア時代/現・バルセロナで、ユース年代もバルセロナ出身)を始め、歴代の名SBを輩出しています。ワンタッチでの左足クロスが多いのも似ています。だからこそ、藤春選手は”日本のJ・アルバ”なのです。

酸いも甘いも経験した末の日本代表デビュー、リオで”日本の藤春”へ!

05_藤春廣輝
by Number Web

その後、2014年にG大阪はJリーグ史上初のJ1昇格初年度の3冠(J1リーグ、Jリーグヤマザキナビスコカップ、天皇杯)を成し遂げました。
ただ、藤春選手にとっては初めてレギュラーから外れる苦しいシーズンでした。西野監督時代の攻撃サッカーから変化した、長谷川健太現監督の堅守速攻型のスタイルにもフィットしきれていない状況や、キャリア初の負傷による長期離脱も経験しました。
それでも、3冠獲得により公式戦の試合数が激増していたため、藤春選手は天皇杯を始めとした国内カップ戦でアピールして定位置を奪回。
そして2015年の3月、遂に日本代表に初招集。ヴァヒッド・ハリルホジッチ現監督の初陣となったチュニジア戦で代表デビューを飾りました。
国際Aマッチは未だ3試合の出場に止まっている藤春選手ですが、すでにカンボジア戦でアシストも記録しています。また、リオ五輪代表の手倉森誠監督も含めて、クラブでも代表でも堅守速攻型のチーム作りをする監督の下でプレーする彼は、”代表運”を持っている選手です。
本来は攻撃型の選手ですが、守備でもスピードを活かせる藤春選手は堅守速攻型のスタイルへの適応でも、まだまだ伸びしろを感じさせてくれます。
上記の通り、日本のSB陣は欧州のスカウトからも熱視線を浴びます。OA枠として参戦するリオ五輪で活躍し、”日本のJ・アルバ”ではなく、”日本の藤春”として大きな飛躍を遂げる大会にしてもらいたいと思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう