Shooty

フランスリーグのベストイレブン発表!大活躍の4人を一挙紹介!

かばむ

2016/05/24 00:00

2016/05/23 14:27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

“王のように”やって来たイブラ、”伝説のように”去っていく

先日、フランスプロリーグ「リーグ・アン」の最優秀選手及びベストイレブンの表彰式がありました。

リーグアンベストイレブン1
by Wikipedia

MVPに選ばれたのは、今季のリーグ・アン出場31試合で38ゴールを挙げ、所属するパリ・サンジェルマン(PSG)の独走優勝に大きく貢献したズラタン・イブラヒモビッチ。この6月末を以ってPSGとの契約が満了する彼は先日Twitterで「王のように到来し、伝説のように去る」とツイート。2012年夏のエッフェル塔をバックにした入団記者会見はまさに”王”のようで4年間で積み上げた154ゴールはクラブ記録。退団発表後に行われた今季最終節では、既に交代枠を使い切った終了間際にゴールを決めた後、息子2人を抱きかかえ、試合終了のホイッスルを待たずしてピッチを後に。”伝説”に相応しい、良い意味で傲慢な去り際でした。

ドルトムントの未来のエースが新人王に

リーグアンベストイレブン2
ウスマーヌ・デンベレby サッカー選手wiki

最優秀若手選手賞は日本の10番、香川真司擁するドルトムントへの移籍が決定しているレンヌのウスマーヌ・デンベレ。11月にデビューすると、18歳ながら12ゴールを積み上げ一気にブレイク。ドルトムントがレンヌに支払う移籍金は4000万ユーロに出来高1200万ユーロの最大5200万ユーロとなります。同じドイツのバイエルン・ミュンヘン移籍が決定している、同じくデビュー1年目のレナト・サンチェス(ベンフィカ=ポルトガル)の最大8000万ユーロにこそ及ばないもののかなり高額。課題は強豪相手には十分に力を発揮できない点ですが、そこはまだ18歳。今後の成長に期待できます。

その他ベストイレブンに選出された選手で目を引いたのがカムバック組の2人。プレミアでさしたる成果を残せず、フランスに戻ってきたニースの王様アテム・ベン・アルファはそのキレ味抜群のドリブルで相棒のストライカー、ヴァレール・ジェルマンとのホットラインを形成。この2人に導かれたニースはヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得しました。残念ながらベン・アルファはEURO16を戦うフランス代表には選出されなかったのですが、招集を望む声は絶えませんでした。

もう1人のカムバック組はマルセイユの中盤を引き締めたラッサナ・ディアッラ。かつて名門アーセナルやレアル・マドリーに在籍していた男は、ピンチの芽を摘み、確実に前にパスを繋ぐ堅実なプレーは昨季1年を契約の問題で棒に振り、浪人していたとは思えない程。ベン・アルファもFIFAの規約上の問題で半年浪人していますが、それを上回る衝撃です。ベン・アルファとは違って、ディアッラはしっかりEURO16のフランス代表メンバーに選ばれています。

リーグアンベストイレブン3
ラッサナ・ディアッラby theWORLD

リーグアンベストイレブン4
ベン・アルファby SOCCER KING

ベストイレブンはイブラヒモビッチ擁するPSGからの選出がほとんどで、今季のPSGの独走ぶりを象徴するようなベストイレブンでした。しかし、他にもリヨンのエースであるラカゼットやリールで素晴らしい攻撃力を発揮した右サイドバックのコルシアなど、活躍が目立った選手は多く、今後のステップアップに期待がかかります。もちろん、ベストイレブンに8人を送り込んだPSGには来季、チャンピオンズリーグ(CL)での更なる躍進が求められるでしょう。自国開催のEURO16を経た来季のリーグ・アンも目が離せません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう