Shooty

シーズン前は解任第1号候補だった?レスター・シティFC ラニエリ監督のキャリアまとめ

sto

2016/05/02 22:22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

レスター・シティFCのプレミアリーグ優勝がいよいよ目前となってきました。シーズン前には解任第1号候補と揶揄されていたクラウディオ・ラニエリ監督が名将へと登ろうとしています。ラニエリ監督のキャリアを紹介します。

ラニエリ監督1
by サッカー情報

ASローマでプロデビュー

イタリアのローマ出身のラニエリ監督は1951年10月20日に生まれ、DFとして1973年にASローマでプロデビューを飾りました。しかし、2シーズンで6試合しか出場できず、カタンザーロ、カターニア、パレルモを渡り歩いた現役時代でした。85‐86年シーズンを最後に現役引退となりました。

カリアリのセリエA昇格へ導く

ラニエリ監督2
by UEFA.com

86年より監督業をスタートさせ、88年に当時セリエC1だったカリアリの監督に就任するとセリエAまで引き上げ、その手腕が認められて91年にナポリの監督に就任。当時、ディエゴ・マラドーナがプレーしていたが衰えが見えていたことから、若手選手だったジャン・フランコ・ゾラの才能を見出し、チームの中心へと抜擢しました。そして93年にフィオレンティーナの監督となり、セリエA昇格へと導くと96年コッパ・イタリア優勝に導きました。

修理屋と呼ばれたが評判は落ちるばかり

ラニエリ監督3
by Soccer Magazine ZONE WEB

97年にスペインへと渡り、バレンシアの監督に就任。個人から組織を重んじる戦術でバレンシアを成長させ、2シーズンでコパ・デル・レイとUEFAインタートトカップ優勝へと導きました。そしてアトレティコ・マドリードを経て、2000年にチェルシーFC監督に就任。フランク・ランパードなど勢いのある若手選手を獲得し、ジョン・テリーを抜擢して育てるなどチームの改革に成功。しかし優勝を逃し続けたことで04年に解任となり、メンバーをコロコロと変えたり、システムを入れ替えてばかりでチームスタイルを確立できず、「ヘタな修理屋」といった意味の「ティンカーマン(いじくり回し屋)」という不名誉なニックネームがついてしまいました。

その後もユヴェントス、ASローマ、インテルなど様々なチームを転々としながらギリシャ代表監督で評判を落とした中で15年7月にレスター監督に就任すると選手の個性を尊重した攻撃力に少しの戦術(守備)を加えて「ミラクル・レスター」と称される快進撃でプレミアリーグ6チーム目の優勝目前まで迫りました。無冠の名将からの脱出となりそうなラニエリフィーバーはこれから盛り上がってきそうですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう