Shooty

リオに俺をつれて行け!Vol.2 鎌田大地

田川拓洋

2016/04/04 22:01

2016/04/26 21:56

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

このシリーズではリオ予選には選ばれなかったが、本戦ではチームの力になりうる選手を紹介していきます。前回のVol.1 関根貴大選手に引き続いて、今回はサガン鳥栖の鎌田大地選手を紹介します!

衝撃のデビュー

鎌田選手はデビュー戦で大仕事をやってのけました。
昨年の1stステージ11節・松本戦で鳥栖は一点ビハインドで苦しんでいました。そんな中、後半にJ初出場として途中投入されたのが鎌田選手です。その日、鎌田選手はルーキーとは思えない活躍を見せます。いきなりスルーパスでチャンスを演出したり、相手に当たり負けなかったりと高卒ルーキーには到底思えない動きを見せます。そして、試合終了間際にバイタル付近で高く上がったボールを右足で思い切り振り抜き、豪快にゴールネットへ突き刺したのです!
デビュー戦でチームを助けた鎌田選手はその年に3G3Aでシーズンを締めくくりました。決して驚異的な数字ではありませんが、デビューしてからすぐに誰もが鎌田選手のポテンシャルに注目がいくようになりました。

鎌田大地1
by SOCCER KING

類稀なるセンス、体幹の強さも武器

フィジカルが強く、足元から繰り出されるパスの精度とセンスは抜群。そんなプレースタイルの鎌田選手は巷では「中田ヒデの再来」とも評されています。中田英寿以降、トップ下の位置で決定的なパスが出せる選手はなかなか出てこなかったので、鎌田選手は期待を一身に浴びています。その活躍には元日本代表の中村憲剛選手やチームメイトの豊田陽平選手も一目置く存在となっています。
鎌田選手のプレースタイルがとてもよく分かる動画がありますのでこちらをご覧ください。
前述したゴールシーンも冒頭にありますよ!

もし、リオ世代に鎌田大地が選ばれたら…

もし鎌田選手が本戦メンバーに選ばれたなら、ボランチもできますが、やはりトップ下で起用されるべきでしょう。決定的なパスを出せる選手という意味では鎌田選手はリオ世代でも群を抜いています。鎌田選手のスルーパスにスピードのある久保裕也選手や浅野拓磨選手が絡むことで、良い化学反応が生まれることは間違いありません!

リオの舞台でも活躍してもらい、いずれは中田英寿選手のように日本代表の中心となってタクトを振ってもらいたいものです。鎌田選手の今後に注目です!

鎌田大地2
by ゲキサカ

プロフィール

国籍:日本
生年月日:1996年8月5日(19歳)
出身地:愛媛県
身長:180cm
体重:72kg
在籍チーム:サガン鳥栖
ポジション:MF
背番号:24
利き足:右足

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう