Shooty

ハリルJAPAN選出!川崎フロンターレFW小林悠選手紹介

下田朝陽

2016/03/23 22:05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

24日に行われるアフガニスタン戦に向けたメンバー発表では、久しぶりの選出となった川島永嗣選手やハーフナーマイク選手に注目が集まりました。しかし、久しぶりの選出といえば、川崎フロンターレの小林悠選手もその1人です。欧州組を含んだ代表メンバーに入るのは昨年1月以来ということです。そんな小林選手の魅力をまとめてみました!

プロフィール

小林悠1
by カルチョまとめブログ

小林悠・川崎フロンターレ所属
生年月日:1987年9月23日(28歳)
ポジション:フォワード
身長:177cm
※大学在学中に水戸ホーリーホックでの出場経験あり。

研ぎ澄まされた得点感覚

小林選手はJリーグでこれまでに135試合に出場、40得点を挙げています。2トップ時は大久保嘉人選手と並んで最前線に、3トップ時には右のウイングと、前線のポジションならどこでもこなすことができます。拓殖大学から川崎に入団すると、2年目の2011年に12得点を挙げ一気にチームに欠かせない選手に上り詰めました。しかし、その後の4年間で2桁得点を達成したのはわずかに1回。その原因は「怪我の多さ」にありました。一昨年の11月には、代表メンバーに入りながらも負傷離脱。また、ハリルホジッチ監督の初陣となった昨年1月にも、直前のJリーグで負傷し、出場できませんでした。当時はこんなコメントも残しています。

誰かが言っていました。『神様は乗り越えられる人にしか試練を与えないんだよ』と。神様に言いたい。何回目だよ!そんなに俺強くないわ!笑

小林悠2
by livedoor スポーツ

今回の代表選出は成長した証拠

今回の代表選出のタイミングも、決して良いとは言えませんでした。発表5日前にインフルエンザを発症してしまったのです。にもかかわらず代表に呼んだわけを監督はこう語っていました。

ミニ合宿で非常に良いクオリティを示してくれた。我々に足りないゴールゲッターの資質を持っている選手だ。

インフルエンザ明けということで、万全のコンディションとは言えないと思います。しかし、そんな状況でも「試してみたい選手」に小林選手は成長し、それをハリルホジッチ監督は見ていたということではないでしょうか。まだ代表では2試合しかキャップ数を持っていなく、遅咲きのストライカーではありますが、代表での地位を確立するだけの能力を持った選手なので、今回の2試合で結果を残せるか注目ですね。

小林悠3
by SANSPO.COM

得点パターンは多彩!

彼の最大の特徴は万能性だと筆者は思っています。もちろん、フォワードとして傑出した特徴はあって然るべきものですが、小林選手はどんなプレーでもハイレベルでこなします。その中でも期待されているのが、裏への抜け出しでしょう。現在の日本代表はボールを受けたがる選手が多く、「中央が渋滞している」なんてよく言われていますよね。相手が引いてくるとそうなってしまうのもしょうがないですが、小林選手はほんの少しのスペースでも生かす術を持っています。本田選手とは違ったタイプの右ウイングとしても期待がかかります!

また、ゴール前での嗅覚も持ち味の1つです。開幕戦では味方が明けたスペースに走りこんで決勝点を挙げました。

ゴール前でつぶれるのは、日本代表では岡崎慎司選手が得意な動きです。岡崎選手がつぶれて小林選手がゴール。こんな形で点を取れれば、今後の代表定着に大きなアピールとなるでしょう。前線には国内組が少ないですから、生き残ることができるのか、小林選手にとっても「試練」の2試合といえるでしょう。

ブログも好評!

ちなみに、小林選手は自身のブログに私生活のことや、サッカーのことを綴っています。デザイン等もカッコよいので、気になった方は是非覗いてみてくださいね!
 
小林悠オフィシャルブログ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう