Shooty

衰えぬ輝き!今シーズンも注目!!コンサドーレ稲本潤一キャリアまとめ

桜川あさひ

2016/02/26 22:05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

日本サッカーを飛躍させた「黄金世代」を象徴する選手。コンサドーレ札幌に所属するMF稲本潤一選手をご紹介!

MF・稲本潤一選手〜プロフィール〜

稲本潤一1by SOCCER KING

稲本潤一(いなもと・じゅんいち)選手
1979年9月18日生まれ
鹿児島県出身
181cm/77kg
利き足:右足
ニックネーム:イナ
歴代所属クラブ:ガンバ大阪ユース→ガンバ大阪→アーセナル→フラムFC→ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン→カーディフ・シティ→ガラタサライ→アイントラハト・フランクフルト→スタッド・レンヌ→川崎フロンターレ→コンサドーレ札幌

幼い頃、鹿児島から大阪へ移住。1997年、ユースからトップチームのガンバ大阪へ昇格。当時、17歳6か月の最年少記録でJリーグ戦に初出場を果たします。

奥様は人気モデル・田中美保さん

稲本潤一2
by ABP

ティーン誌「プチセブン」や「セブンティーン」のモデルとして当時、女子中高生から圧倒的に人気を誇ったモデルの田中美保さん。
現在も女性ファッション誌「MORE」や「mina」などを中心にモデルとして大活躍中です。

2012年、稲本選手との結婚を自身のブログで発表。人気サッカー選手とカリスマモデルの結婚は、多くのファンから祝福されました!

黄金世代のひとり…華麗なる経歴と実績!

稲本潤一3
by Football Shirts Voltage .com

1999年、FIFAワールドユース(現・U-20ワールドカップ)のU-20日本代表メンバーとしてチームの準優勝に大きく貢献した稲本選手。この大会で同代表は、全ての年代を通じて日本代表が世界大会の決勝の舞台で戦うという快挙を成し遂げました。
この実績などから稲本選手や小野伸二選手、高原直泰選手らの生まれ年、1979年生まれのサッカー選手を中心に「黄金世代」と呼称するようになります。

2000年、シドニー五輪U-23日本代表に選ばれ、チームはベスト8へ進出。

2002年のワールドカップ日韓共催大会の日本代表に選出され、稲本選手は2得点を挙げる活躍を見せます。チームは決勝トーナメントへ進み、ベスト16の好成績を残しました。
同大会グループステージ2戦目・ロシア戦で決勝ゴールを挙げた稲本選手は後に、「サッカー人生で一番嬉しかった試合 」との問いに、「2002年のロシア戦」と答えています。

2006年のワールドカップドイツ大会、2010年の南アフリカ大会にも出場。稲本選手はフィールドプレーヤーでは中田英寿さんや小野伸二選手と共に、ワールドカップ3大会連続出場を果たしています。

稲本潤一4
by Football Shirts Voltage .com

バロンドールにノミネートも!海外リーグでの活躍

2001年、ガンバ大阪からプレミアリーグのアーセナルに期限付き移籍。稲本選手の海外リーグへの挑戦がスタートします。
2002年のワールドカップ終了後、出場機会を求めて、同リーグのフラムFCにレンタル移籍。この年、稲本選手はワールドカップでの活躍が評価され、中田英寿さんに続く日本人選手2人目のバドンドール候補に選ばれます。
また、フラムでは欧州において日本人初のハットトリックを達成しています。

しかし、その後は負傷が続き、所属チームで次第に出場機会を逃すことに。ウェールズ、トルコ、ドイツ、フランスリーグを渡り歩き、2010年に国内復帰。川崎フロンターレに移籍しました。
そして、2015年に稲本選手は、現在所属するコンサドーレ札幌に加入。黄金世代の一員として、共に日本サッカーのレベルを飛躍させた戦友・MF小野伸二選手とチームメイトとなったことで話題を集めました。

衰えぬ輝き!ファンを魅了させた超ロングシュート

稲本潤一5
by YouTube

これまで多くの経験と輝かしい実績を積んできたベテランは、現在36歳。北の大地で今もなお、その活躍は輝きを放っています!

シーズン開幕を直前に控えた2016年2月14日、ギラヴァンツ北九州と対戦した札幌の稲本選手は後半13分、相手GKが前へ出ていることを確認すると、ハーフウエーライン近くから約50メートル離れたゴールめがけてロングシュート。札幌は先制点を挙げます。
続く後半アディショナルタイム、稲本選手のアシストで得点が追加され、2-0で札幌が勝利を収めています。
豪快に右足を振り抜いた稲本選手のロングシュートにファンからは、「凄い!」「さすが!」とネット上には称賛の声が巻き起こっていました。

衰えぬことを知らない輝きを見せる稲本選手。今季も活躍から目が離せません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう