Shooty

MLS驚きのドラフト1位入団!遠藤翼選手ってどんな選手?

K.S

2016/01/20 22:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

先日アメリカプロサッカーリーグ MLS(メジャーリーグサッカー)のドラフト会議が開催されました。そこで日本人選手が初めて1位指名され、ニュースになっています。
本人も驚きの1位指名を受けた遠藤翼選手について調べました。

遠藤翼1
by Maryland Terrapins Athletics

JFAアカデミー出身

遠藤選手はメリーランド大学サッカー部所属のMFです。1993年生まれということで、リオ五輪を目指すU-23の世代です。
アメリカへ渡る前はJFAアカデミー福島の第1期生として12歳から18歳まで在籍し、U-17代表への選出経験もあるといいます。
身長170cm 体重64kgと小柄な選手です。

遠藤翼2
by スポーツナビ

メリーランド大学の10番

アメリカ留学のきっかけは、アカデミーの海外研修プログラムでメリーランド大学の練習に参加したことでした。

大学のチームでアジア人は遠藤選手だけ。英語が出来なかった遠藤選手は大変な苦労をしたそうですが、積極的にコミュニケーションをとり、自分のできることをプレーで示すことで、ピッチ内外で成長しアメリカのサッカーに適応していきました。
2年生の時に全米大学選手権で準優勝を経験し、その強豪チームで10番を着けるようになりました。

学問において名門校であるメリーランド大学で勉学にも励み、3年の時には“All Big 10 Academic List”(学業とスポーツで好成績を収めた学生)に選ばれています。

遠藤翼3
by スポーツナビ

トロントFCへ

そんな努力家の遠藤選手をドラフト1巡目で指名したのはトロントFCです。カナダからMLS イースタン・カンファレンスに越境参加しているチームで、昨シーズンは6位の成績でした。

チームには元ユベントス所属のイタリア代表セバスティアン・ジョヴィンコ選手や、アメリカ代表のマイケル・ブラッドリー選手が在籍しています。
ライアン・ネルセン監督はメリーランド大学の試合を何度も視察していて、遠藤選手をチャンスメーカーでありチャンスを決めることができる選手と評価しています。

MLSの開幕は3月。遠藤選手のデビューはいつか、待ち遠しいですね!

遠藤翼4
by Toronto FC

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう