Shooty

サンフレッチェ一筋!森﨑兄弟のキャリアまとめ

桜川あさひ

2015/12/12 20:00

2016/01/11 15:38

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

今シーズン、2年ぶり3度目のJ1リーグの王者に輝いたサンフレッチェ広島。
クラブ一筋!Jリーグ史上初の双子選手・森﨑兄弟とはどんな選手たち?

兄・MF森﨑和幸

森崎兄弟1
by SANFRECCE HIROSHIMA FC

MF・森﨑和幸(もりさき・かずゆき)選手 背番号「8」
1981年5月9日生まれ
広島県出身
177㎝/75㎏
利き足:右足
歴代所属クラブ:サンフレッチェ広島ユース→サンフレッチェ広島(2000年トップチーム昇格)

弟・MF森﨑浩司

森崎兄弟2
by SANFRECCE HIROSHIMA FC

MF・森﨑浩司(もりさき・こうじ)選手 背番号「7」
1981年5月9日生まれ
177㎝/77㎏
利き足:左足
歴代所属クラブ:サンフレッチェ広島ユース→サンフレッチェ広島(2000年トップチーム昇格)

Jリーグ史上初の双子選手!

森﨑兄弟は二卵性双生児で、サンフレッチェ広島の下部組織出身。
共に1999年にトップチームへ2種登録され、クラブ初の高校生Jリーガーとして、同年11月20日に行われたガンバ大阪戦で兄・和幸選手は公式戦デビューを飾り、弟・浩司選手もベンチ入りを果たします。

2000年、佐藤勇人選手(ジェフユナイテッド千葉)と佐藤寿人選手(サンフレッチェ広島)と共に、Jリーグ史上初の双子Jリーガーとして、トップチームに昇格しました。
2004年5月5日、セレッソ大阪戦で48分に和幸選手が、89分浩司選手が得点を挙げ、Jリーグ初の双子アベックゴールも達成しています。

その後は兄弟共に、ユース時代からクラブ一筋。これまで、3度のJ1リーグ優勝と2度のゼロックススーパーカップ優勝に貢献しています。

各年代の日本代表で活躍

森崎兄弟3
by 日本経済新聞

U-18、U-19日本代表に共に選ばれ、2001年のワールドユースアルゼンチン大会では、U-20日本代表として兄弟揃って出場を果たします。
兄・和幸選手は、2002年の釜山アジア大会でU-21日本代表に選ばれ出場。弟・浩司選手は2004年のアテネ五輪にU-23日本代表として出場しています。

双子であるが故に、比較されることも多かったとのこと。いつも近くに良きライバルとがいることで、互いに刺激し合いながら成長を遂げてきたように伺えます。

活躍の影で…森﨑兄弟を苦しめる「病」

森崎兄弟4
by サカイク

兄・和幸選手は2009年に、原因不明の重度の疲労や倦怠感が長期間にわたって続く「慢性疲労症候群」を患い、同年5月から9月まで長期離脱を強いられたことがあります。
以降も、シーズンオフにはしっかりと休養をとり、この病と向き合いながらも選手生活を続けています。

また、弟の浩司選手は2005年、レギュラーとしての起用が続いていた中、極度の緊張などが続いた場合に発生するとされる「燃え尽き症候群」を患ったことが影響し、その後出場機会を失うことになります。

2006年にミハイロ・ペトロヴィッチ氏が監督に就任したことが転機となり、中心選手として活躍するようになりますが、2009年1月に今度はオーバートレーニング症候群であることが判明。
真面目にトレーニングに励む選手ほど発生しやすい病に侵された浩司選手は、11月に実戦復帰をするまで長期離脱を強いられることになりまりました。

病と闘いながらも、決してサッカーから逃げずに困難と向き合ってきた森﨑兄弟。クラブ叩き上げの兄弟は、成熟された強さで今季のJ1優勝を果たした広島を語る上で欠かせない選手たちです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう