Shooty

宇佐美選手の移籍先⁈フランス・リーグアンてどんなリーグ?

k.k

2015/11/27 08:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

2015シーズンのJ1得点ランキング3位となり、チームを年間順位3位とチャンピオンシップ出場に導く活躍をしたのが、ガンバ大阪の宇佐美貴史選手です。

そんな宇佐美選手に再び海外挑戦の噂が!今回はそんな宇佐美選手の挑戦先の1つとして候補に上がっている、フランス・リーグアンについて調べてみました!

リーグアンってどんなリーグ??

フランスのプロサッカーリーグの1部にあたるのが、『リーグ・アン(Ligue 1)』です。

リーグ・アン1
by ユニ11

 

創設されたのは1932年。創立から2002-03シーズンに現在のリーグ・アンへ改称されるまでは『ディヴィジオン・アン(Division 1)』と呼ばれていました。

モナコ公国のチームも参加している

2015-16シーズン時点で20チームが所属をしているリーグ・アン。
特徴的とも言えるのが、モナコ公国の首都・モナコに本拠地を置くASモナコが参加していることです。これはサッカーにおいてはモナコ公国をフランスに含むためです。

若手の登竜門的なリーグ

リーグ・アンではフランス代表やブラジル代表など各国の代表選手も多く所属をしており、ヨーロッパのリーグの中では、スペイン・リーガ・エスパニョーラ、イングランド・プレミアリーグ、ドイツ・ブンデスリーガ、イタリア・セリエAに次ぐ5番目のリーグとして捉えられています。

また、アフリカ圏の移民などが多い国の状況からリーグ・アンにもアフリカ系選手の若手が多く、このリーグ・アンで活躍をした後に4大リーグへ挑戦をするという登竜門的なリーグという位置づけでもあります。

リーグ・アン2
by World Soccer Classic

どんなクラブがいるの?

パリ・サンジェルマンFC

リーグ・アンに所属をしているチームで今1番勢いがあるといえるのが、パリに本拠地を置くパリ・サンジェルマンFCです。

2011年にカタール投資庁の子会社、カタール・スポーツ・インベストメントが筆頭株主となったのをきっかけにイブラヒモビッチやチアゴ・シウバ、パストーレ、カバー二など次々と大型補強を行い、2012-13、13-14、14-15シーズンとリーグ・アン3連覇中。リーグ・アンのみならずチャンピオンズリーグでも優勝を狙う強豪です。

リーグ・アン3
by UEFA.com

オリンピック・リヨン

リーグ・アンで最も人気のあるクラブの1つがオリンピック・リヨンです。2001-02シーズンにディヴィジオン・アン(当時)で初優勝を飾ると、2007-08シーズンまでなんと7連覇を達成するなどクラブの黄金期を迎えます。

黄金期の所属メンバーにはベンゼマやフローラン・マルダ、フリーキックの名手ジュニーニョ・ペルナンブカーノなどがいました。

リーグ・アン4
by UEFA.com

ASサンテティエンヌ

リーグ・アンで最多となる優勝回数10回を誇るのが、サン=テティエンヌがホームタウンのASサンテティエンヌです。

フランスの英雄ミシェル・プラティニがかつて所属をしていたチームであり、2008-09シーズンには元日本代表の松井大輔選手も所属をしたことで日本でも有名なチームですね。

また、現在ドルトムントで香川選手とチームメイトであり大活躍中のオーバメヤン選手も所属をしていました。

リーグ・アン5
by がんばれ、サッカー!!

オリンピック・マルセイユ

リーグ・アンで人気ナンバー1と言われているのがこのオリンピック・マルセイユです。

リーグ優勝回数は9回とASサンテティエンヌに次ぐ回数を誇り、1992-93年にはチャンピオンズリーグも制した名門です。

今回の宇佐美選手への獲得オファーを出したチームとも噂されており、かつては中田浩二氏も2005-06シーズンに所属をしたこともあるチームです。

リーグ・アン6
by サッカーレプリカユニフォームnavi

ライバル・ダービー

リーグ・アン最大のライバル関係にあるのが、パリ・サンジェルマンFCとオリンピック・マルセイユ。この2チームの対戦は『ル・クラスティク(ザ・クラシックの意味)』と呼ばれ、1980年代後半からライバル関係に火がつき、今ではフランス最大の盛り上がりを魅せるダービーとなっています。

リーグ・アン7
by wikipedia

 

歴史的にも古く、全国的に人気なチームが複数あることで人気の高いフランスのリーグ・アン。

日本ではなかなか見る機会が少ないですが、ビッグクラブ同士の対戦はとっても面白そうですよね!2016-17シーズンにはリーグ・アンに注目をしてみるというのもおすすめです!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう