Shooty

「サッカー調子乗り世代」の代表選手って誰がいる?

Yoshitaka Imoto

2015/11/20 22:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

2018年のロシアW杯に向けて、アジア二次予選を戦っている日本代表。その中でも輝きを放ったのが、3年半ぶりの代表復帰を果たした浦和レッズの柏木陽介選手です。柏木選手はかつて「調子乗り世代」と呼ばれるメンバーの中心選手として脚光を浴びた選手の一人です。

調子乗り世代1
by ピンチをチャンスに!

「調子乗り世代」とは!?

2007年カナダで開催されたU-20W杯に出場した日本代表。ベスト16に進出した成績と共にクローズアップされたのがゴール後に披露したビリーズブートキャンプなどのパフォーマンス。世界相手にも臆することのないそのチームを指して「調子乗り世代」という言葉が使われるようになりました。

これからの代表の中心⁈『調子乗り世代』てどんな世代?

調子乗り世代2
by サッカーダイジェストWeb

日本サッカー界を支える「調子乗り世代」のメンバー

この調子乗り世代からは現在の日本サッカー界を支えるメンバーを多く輩出しています。その中で、主なメンバーを紹介していきたいと思います。

香川真司(ドルトムント)

調子乗り世代4
by JFA.jp
日本代表の背番号10番、香川真司選手。U-20W杯には最年少の18歳で選ばれ、2試合に出場しました。2010年にドイツの名門ドルトムントに入団すると、チームの中心としてブンデスリーガ2連覇に大きく貢献し、2012年にはイングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドを果たしました。2014年にドルトムントに復帰し、2015-16年シーズンはリーグ2位につけるチームの中心選手として活躍しています。

内田篤人(シャルケ)

調子乗り世代3
by オレ的ゲーム速報@刃
2006年鹿島アントラーズに入団すると1年目からレギュラーとして起用され、2007年〜2009年のチーム3連覇に貢献しました。2010年にドイツの名門シャルケに入団すると1年目から右サイドバックのレギュラーを獲得し、ブンデスリーガを代表するサイドバックに成長しました。日本人のヨーロッパチャンピオンズリーグ最多出場記録を持っています。

ハーフナーマイク(ADOデン・ハーグ)

調子乗り世代5
by GOAL
2009年シーズン、ヴァンフォーレ甲府でJ2得点王に輝くと、2011年にはJリーグベストイレブンに選出されました。2011年シーズンにオランダのフィテッセへ移籍すると、2年連続二桁得点を挙げました。ADOデン・ハーグに所属する2015-16シーズンはここまで(2015年11月13日現在)リーグ4位の8得点を挙げるなど絶好調。日本代表への復帰を望む声も多く聞かれます。

他にもタレント揃いの調子乗り世代

調子乗り世代のメンバーは他にも、浦和レッズの1stステージ優勝に貢献した槙野智章選手、梅崎司選手や、2014年ブラジルW杯に出場したFC東京の森重真人選手などタレント揃いでした。パフォーマンスだけではなく、選手の能力も伴った日本サッカー界でも屈指の好チームだったといえるでしょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう