Shooty

サポーターの涙の化身…フリューゲルスと横浜FCの関係

桜川あさひ

2015/10/16 22:30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

以前にshootyでご紹介した横浜フリューゲルスの不屈の魂を受け継ぐ2人のレジェンド!
1999年元日、第78回天皇杯で優勝を飾り、日本一のまま消滅した横浜フリューゲルスは今もなお、Jリーグで存在した証を示しています。

横浜FC〜クラブプロフィール〜

横浜FC1
by Twitter@yokohama_fc

1998年、突然に発覚した横浜フリューゲルスの吸収合併によるクラブ消滅。これに反対していた当時のフリューゲルスの選手やサポーターの声はクラブ運営側には届かず、同年12月2日、反感の声は鳴り止まぬままに吸収先の横浜マリノス(現・横浜F・マリノス)とフリューゲルスの合併調印式が行われました。

これを受けて、同年12月25日、フリューゲルスのサポーター団体が横浜FCの運営会社である株式会社横浜フリエスポーツクラブを設立。
新設されるクラブは、本来ならば地域リーグからのスタートですが、日本サッカー協会は特例としてJFL(日本フットボールリーグ)に準会員資格での参加を承認しました。

JFLの初代優勝チーム

横浜FC2
by YOKOHAMA FC

1999年からスタートした、Jリーグと地域リーグの間に位置するJFL(日本フットボールリーグ)。
横浜FCは、新設されたばかりのチームながら、リーグ戦を18勝3敗3引き分けの好成績で、JFLの初代優勝チームに輝く好発進を見せます。
2000年にはJFLの正会員となり、リーグ連覇を達成。2001年からはJリーグへの加盟が承認され、J2へ参戦することになりました。

2006年、クラブ創設以来初となるJ2優勝のタイトルを奪取。2007年からJ1へと戦いの舞台を移します。しかし、J1での戦いはわずか1シーズンで終わることに…。
現在は、キングカズこと元日本代表の三浦知良選手も在籍する横浜FC。クラブ創設以来、常に注目を浴び続けるチームは、不屈の魂を胸に日本一を目指し続けています!

消滅…2つにわかれたフリューゲルス

横浜FC3
by Laughy

フリューゲルス消滅後、吸収先である横浜マリノスは「横浜F・マリノス」へと改称。今もなお、フリューゲルスの名称を含む諸権利はマリノスが保有しています。
また、フリューゲルスの関連グッズは、現在、日本サッカーミュージアムに寄贈されています。

横浜FC4
by SOCCER KING

一方、サポーター団体が設立した横浜FCは、現在、設立当初の株主は一新され、独自の道を歩み始めているようです。
しかし、フリューゲルスの面影は強く残っており、運営会社名はフリューゲルスの愛称であった「フリエ」の名が入った横浜フリエスポーツクラブと社名の変更はなく、また、三ツ沢球技場を引き続きホームスタジアムとしています。
さらには、フリューゲルスの公式ソングを歌っていたTHE ALFEEは、横浜FC公式ソングも担当しています。

フリューゲルスの消滅後、横浜Fマリノスと横浜FCがそれぞれに、フリューゲルスが存在した証を今も示し続けています。

SOURCE : Jleague.jp

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう