Shooty

幼少期から超注目されていた宇佐美貴史選手の経歴とは?

編集部

2015/06/09 20:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

小学生当時から「天才少年」として大きく注目をされてきたのが、現在ガンバ大阪でスーパーエースとして大活躍をしている宇佐美貴史選手です。そんな宇佐美選手のプロフィールや経歴をまとめてみました!

プロフィール

宇佐美 貴史(うさみ たかし)選手
1992年5月6日生まれ(23歳)
京都府出身
ガンバ大阪所属
FW/MF

宇佐美選手1
by SoccerHacker J​​

ガンバ大阪ユースの「史上最高傑作」

2005年(当時13歳)にガンバ大阪ジュニアユース(中学生年代の下部組織)に入団をした宇佐美選手。当時から年代別の日本代表にも選ばれるなど同年代の中ではトップクラスの実力を持っていました。

そして2007年(当時15歳)に中学3年生ながら高校生のカテゴリーであるガンバ大阪ユースに飛び級で昇格、さらにレギュラーに定着し、クラブユースチームの全国大会である日本クラブユース選手権の優勝に貢献します。

翌年には1年生ながら背番号10番を背負い、Jリーグのユースチームによる全国大会での優勝に大きく貢献。ガンバ大阪ユースの「史上最高傑作」と呼ばれます。

宇佐美選手2
by Web Sportiva

17歳でプロデビュー、そして世界へ

ユースチームで圧倒的な活躍を見せた宇佐美選手。2009年(当時17歳)にガンバ大阪史上初となる高校2年生でまたもや飛び級でのトップチーム昇格、さらにクラブ史上最年少記録(17歳14日)となる公式戦デビューを果たします。

ガンバ大阪の主力としてデビュー後も活躍をしてきた宇佐美選手は2011年、それまで日本人の誰も入ったことのない世界的名門であるドイツのバイエルン・ミュンヘンへ移籍を果たします!当時19歳でのこの移籍は日本サッカー界に大きなインパクトをもたらしました。

宇佐美選手3
by こりさか

「日本サッカー史上最高」として再び世界へ

19歳という若さもありドイツでの2年間では期待された結果を残すことができなかった宇佐美選手ですが、2013年に当時J2だったガンバ大阪へ復帰。

ドイツで溜まった鬱憤を晴らすかのようにシーズン途中での復帰ながらキャリアハイとなる18試合19得点と大爆発。その後、J1復帰を果たした2014年にはガンバ大阪の国内三冠達成に大きく貢献をします。

その活躍もあり2015年に約2年半ぶりとなる日本代表にも選出をされ、さらにこの選出をきっかけに新たにその才能を伸ばしています。

 

宇佐美選手4
by Number Web
異例の早さでその才能を開花させて、今では再びヨーロッパへの挑戦も期待される宇佐美選手の国内でのプレーを今のうちにタップリと味わってみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう