Shooty

インサイドハーフとは?!サッカーのポジション解説ミッドフィルダー編後編

k.k

2015/09/22 16:30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

サッカーのポジション解説ミッドフィルダー編の後半です。
前編はこちら「アンカーって何?!サッカーのポジション解説ミッドフィルダー編前編
後編は攻撃的ミッドフィルダーの名称や役割、また少し特殊なポジションなどにも解説します。

攻撃的ミッドフィルダーとは?

攻撃的ミッドフィルダーとはミッドフィルダーの中でもよりフォワードに近い位置でプレーするポジションです。

日本でよく聞く名称は「トップ下」ですね!
日本代表では香川選手、世界ではドイツ代表のエジル選手やロイス選手などが有名です。

MF1
by サカイク

MF2
by 今どきトレンド

どんな仕事を求められるのか?

攻撃的ミッドフィルダーに1番求められる仕事は「ゴールに繋がるプレーをすること」です。

フォワードがゴールを決めることを一番に求められるように、攻撃的ミッドフィルダーにはこのチームの攻撃をゴールへと結びつけるためのアシストや自らの突破、シュートなどが求められるのです。

現代では「ファーストディフェンダー」の働きも必要

ゴールを奪う仕事を1番に求められる攻撃的ミッドフィルダーですが、現代サッカーでは攻撃に失敗し相手ボールとなった時にまず最初に相手へプレス(プレッシャーを与えること)を掛ける、「ファーストディフェンダー」としての役割も求められるようになりました。

そのため、一昔前のように高いテクニックとパスセンスでチャンスを創りだす、いわゆる「10番」タイプではなく、「上手い・走れる・強い」という要素が必要なポジションです。

MF3
by 今どきトレンド

攻撃的ミッドフィルダーの名称

攻撃的ミッドフィルダーの名称もフォーメーションによって変わるのですが、代表的なのが以下のものです。
・オフェンシブハーフ
・トップ下

《4-3-3などミッドフィルダーが3人の場合》
・センターハーフ
・セントラルハーフ
・ウイングハーフ(インサイドハーフ)

最近の日本代表の試合などで「インサイドハーフ」という名称を良く聞きますが、これはミッドフィルダーが3人の場合に左右のポジションを指します。

また、ミッドフィルダーが3人の場合はより攻守両方の場面で3人共が貢献をしないといけないので運動量が大きく求められます。

ちょっと特殊なウィングバック

最近のJリーグなどではあまり見かけなくなったポジションに「ウイングバック(WG)」があります。

このウイングバックはフォーメーションが3-5-2や3-6-1などディフェンダーが3人でサイドバックは配置しない場合に置かれるポジションです。

このポジションは時にはサイドバックのように相手のサイド攻撃を止め、時にはウインガーとしてサイド攻撃からクロスやアシスト、中に切り込んでのシュートなど、フィールド上のサイドラインにおける仕事のほとんどをこなすことが求められます。

そのため、とにかく運動量が求められるポジションです。
日本代表の長友選手が所属チームでこのポジションを任されていましたね。

MF4
by asahi.com

Shooty的ポジション解説としてミッドフィルダー編をお届けしました。
ポジションの役割を理解してより楽しくサッカー観戦をしてみましょう!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう