Shooty

ガンダムとJリーグがコラボ 「ついにガンダムがサッカーをする時代」がきた!

編集部

2020/01/29 21:29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

創通とBANDAI SPIRITSは29日、都内で「機動戦士ガンダム40周年 J.LEAGUEコラボレーション」のプレス発表会を行った。会見にゲストで登場した元日本代表の名波浩氏は「ガンダムファンがサッカーに、サッカーファンがガンダムに興味を持つことになりそう」とジャンルを超えた企画に興味津々だった。

今回のコラボレーションは大人気シリーズ「機動戦士ガンダム」の40周年記念事業の一環として、JリーグおよびJリーグクラブとコラボレーションして様々な企画を行っていくというもの。北海道から沖縄まで全国にクラブが存在し熱狂的なサポーターを持つJリーグとの連携で、各地域にこの企画を認知させることが狙いだ。

この日会見に登壇した株式会社創通常務取締役の田村烈氏は、昨年はプロ野球12球団と行った同様のコラボ企画が大盛況だったことを受けて「次はJリーグで」という声があったことを明かした。キービジュアルには、Jリーグのロゴカラーで彩られたオリジナルデザインのガンダムが華麗なドリブルで敵陣を駆け抜ける躍動的なシーンがデザインされており、田村氏は「ついにガンダムがサッカーをする時代」と期待感いっぱいに話した。

2月8日にJリーグとコラボしたガンプラを発売するのを皮切りに、各クラブ仕様のオリジナルガンプラを順次投入していく予定。Jリーグのフレッシュなイメージや、ファン層などを考慮し、2000年代に放送されたガンダムシリーズの主役ガンダムをベースに、J1に在籍する全20チームのクラブカラーで彩られたオリジナルガンプラがずらりと並んだ。

トークショーに登場した名波氏は「全部そろったら格好いいですね」とショーケースに並んだガンプラに圧倒されながらも、「ガンダムファンがサッカーに興味を持って、サッカーファンがガンダムに興味を持つということですね」と企画の盛り上がりに期待を寄せた。トークの中では対戦カードごとにクラブカラーのガンプラを並べて写真を撮るアイディアも飛び出し、「映えそうですね」とSNSも意識し、笑顔をみせていた。

(転載元)1/29(水) 15:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200129-00010007-encount-ent

no title
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています