Shooty

イニエスタ、ポドルスキーの共演で負けなし、神戸が試合巧者ぶりを発揮。〈J1 第23節 湘南ベルマーレ0-2ヴィッセル神戸〉

勝村大輔

2018/08/20 12:01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

J1 第23節 湘南ベルマーレ0-2ヴィッセル神戸(BMWスタジアム/15,351人)
37分 三田 啓貴(神戸)
76分 郷家 友太(神戸)

J1 第23節 湘南ベルマーレvsヴィッセル神戸 湘南のホーム BMWスタジアムに詰めかけた観客は15,351人。スタンド全体には青、緑、白のベルマーレのコレオグラフィーが完成。満員の観客が試合を盛り上げた。

湘南ベルマーレのスタメンは前節から大幅にスタメンを変更。藤田 征也、高橋 諒、梅崎 司、菊地俊介に代わり、アンドレ・バイア、高山 薫、石川俊輝、野田隆之介が入った。

湘南は前線に野田と石川 俊輝を配置して前線からのプレッシングを加速、イニエスタには齊藤 未月が果敢に追い込むなど、激しさを持って対峙。一方の神戸は湘南の勢いに押されつつも高いテクニックを相手をいなす。

先制ゴールを挙げたのは神戸の方だった。37分、イニエスタが放ったふわりとしたボールをペナルティーエリア内の長沢 駿が落とし、そのボールに対して走り込んだ三田 啓貴が2人のディフェンダーを交わし豪快にゴールネットに突き刺した。

1点ビハインドで迎えた後半、野田に代わりアレン・ステバノヴィッチを投入。オフサイドに引っかかる場面が何度か見られたが、積極的にディフェンスラインの背後を狙う動きや、得意のドリブルで仕掛けるなど攻撃に活性化に成功する。

さらに攻勢を強める湘南は、69分に秋野 央樹から梅崎へスイッチ、75分には高山に代えて松田 天馬を投入。フォーメーション変更を行うなど曺 貴裁監督は積極的な采配を見せるも、その1分後に神戸に追加点を許してしまう。前がかりの湘南の背後に抜け出したポドルスキーが右サイドをドリブル突破、そのままペナルティーエリアに侵入し豪快に左足を振り抜く。このシュートはGK秋元がなんとか弾き返したが、走り込んでいた途中出場の郷家 友太が押し込み試合を決定づけた。

曺監督は「相手より倍以上のシュートを打って、マウスにボールが入らなかったことが、今のチームの現状。」としながらも、「結果に関しては監督の僕に責任がある。」と唇を噛み締めた。湘南はこの敗戦により、今シーズン2度目の三連敗を喫した。次戦は天皇杯川崎戦、翌週末にはホームでFC東京戦が控えている。

当日の【スタジアムレポ】

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています