Shooty

“アジアNo.1”ソン・フンミンが語るプレミアリーグの厳しさ「ここで成功したアジア人が何人いる?」

イッセイ

2018/03/20 08:54

2018/03/18 21:54

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

走ることの重要性を強調

イングランドのトッテナムでプレイする韓国代表FWソン・フンミンがアジア人プレイヤーの課題や、プレミアリーグとブンデスリーガの差について言及している。

2010年よりドイツ・ブンデスリーガのハンブルガーでトップチーム昇格を果たし、華麗なドリブルテクニックと圧巻のスピードで印象的な活躍を続けると、2013年には名門レヴァークーゼンへとステップアップ。現在は知将マウリツィオ・ポチェッティーノの下でスパーズのスターティングイレブンに名を連ねるなど、ソン・フンミンのキャリアは言うまでもなく順風満帆だ。

しかし、アジア人選手としてトップの座に君臨するソンだからこそ、ヨーロッパとアジアの“究極の差”を誰よりも実感している。英『Evening Standard』が同選手のコメントを伝えた。

「ヨーロッパや南米のプレイヤーというのは根本的にアジア人選手よりも速く、そして強い。国内リーグにおけるレベルの高さもアジアとは比べものにならないし、ここがアジアとヨーロッパの決定的な差になっているね。だから僕らはそういった選手たちよりも多く走らないといけない。僕以外の選手も同じように考えていると思うよ」

プレミアはブンデスよりもハード?

続けてソンはイングランドで成功を収めることの難しさを語った。

「過去にここプレミアリーグで成功したアジア人選手が何人いる? ほとんどいないよ。もちろんパク・チソンは偉大なことを達成したけど、彼は他の選手よりもハードワークしていたし、チームの為に走りまくっていたね。僕らがここでやれることはまさに走ることなんだよ」

「僕の活躍がその状況を変えられるかって? 多分そうなるかもね。でも僕は今もハードワークを続けているし、それを辞めちゃいけない。それに少しの運も必要さ。そのくらいプレミアリーグでの成功はとても難しい。テクニックやメンタル、身体の強さといったすべての要素が必要になってくるし、ブンデスリーガよりも厳しいと思うよ」

謙虚にハードワークの必要性を説いたソンだが、とりわけ3月に加速した彼の“得点嗅覚”はもはや誰にも止められないレベルに達しつつある。公式戦ここ4試合で5ゴールを荒稼ぎし、チャンピオンズリーグ決勝トーナメントでは強豪ユヴェントスを大いに苦しめる先制点を奪取。今、国際舞台で最も輝かしい戦績を誇るアジア人フットボーラーと言っても差し支えないだろう。彼に続くアジア人プレイヤーが日本人からも登場することを願いたい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

▷ストリートサッカーを応援しています