Shooty

オーストラリア戦へ推薦する日本代表25名 日本が誇る最強の武器で勝利を

岩崎 充

2017/08/23 17:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

来年のロシアワールドカップへの切符をかけたオーストラリア代表との大一番は8月31日に日本のホーム、埼玉スタジアムで行われる。

負傷からついに復帰した長谷部が明るい材料である一方、海外では大迫が怪我から復帰できず今シーズン未だ出場機会なし。国内組でもMF清武、DF森重も負傷により召集は絶望的な状況。

そこで24日に迫ったメンバー発表の前に、筆者推薦の25名をポジション別にピックアップした(予想ではなく希望)。

GK:スタメンは川島の一択

川島 永嗣(34歳)/メス
東口 順昭(31歳)/ガンバ大阪
中村 航輔(22歳)/柏レイソル

GKは前回の招集メンバーから変更する必要はない。中村が急成長を遂げる中、川島は今シーズン再び所属クラブでポジションを奪われてしまいベンチを温め続けている。
1試合でも中村を実戦でテストする機会があれば良かったが叶わず(6月のシリア戦こそが絶好の機会だった)、よってオーストラリア戦のスタメンは事実上川島の一択か。

DF:長友の復活が明るい材料

吉田 麻也(28歳)/サウサンプトン
昌子 源(24歳)/鹿島アントラーズ
三浦 弦太(22歳)/ガンバ大阪
遠藤 航(24歳)/浦和レッズ
長友 佑都(30歳)/インテル
酒井 宏樹(27歳)/マルセイユ
酒井 高徳(26歳)/ハンブルガーSV

CBは吉田と昌子の控えに三浦、そして槙野ではなく遠藤をDFとして選出。マリノスで未だ健在の中澤も気になるが、遠藤はSBもこなせるためバックアッパーとして適材。
SBはスパレッティ監督のもと復活しつつある長友がとにかく明るい材料だ。今月末の大一番では自信を取り戻したプレーでチームを牽引してほしい。
個人的にはSBにはもう一枚、FC東京の室屋を推したいのだがこの大一番での初招集はタイミングとしては厳しい。

MF:ベテランを加え最強の飛び道具を

長谷部 誠(33歳)/フランクフルト
今野 泰幸(34歳)/ガンバ大阪
山口 蛍(26歳)/セレッソ大阪
井手口 陽介(20歳)/ガンバ大阪
香川 真司(28歳)/ボルシア・ドルトムント
柴崎 岳(25歳)/ヘタフェ
中村 俊輔(39歳)/ジュビロ磐田

待ちわびたキャプテン長谷部の復帰が何よりの朗報。そして注目すべきは前回こちらの記事で紹介した「司令塔」の存在だ。香川もアシストに優れた選手ではあるが、その特徴としては受け手として真価を発揮する選手。
その出し手となる選手としては清武が不在の今、スペイン一部でデビューを果たした柴崎。そして驚異のパフォーマンスを維持する39歳のレジェンド、中村俊輔がふさわしい。
現実的には招集される可能性は低いだろうが、そのフリーキックはオーストラリアにとって驚異の的となるはずだ。

FW:杉本ではなく金崎を

大迫 勇也(27歳)/1.FCケルン
岡崎 慎司(31歳)/レスター・シティ
原口 元気(26歳)/ヘルタ・ベルリン
久保 裕也(23歳)/ヘント
本田 圭佑(30歳)/ACミラン
乾 貴士(28歳)/エイバル
武藤 嘉紀(25歳)/マインツ
金崎 夢生(28歳)/鹿島アントラーズ

大迫はようやくチーム練習に復帰。コンディションの懸念はあるがこのエースは外せない。同様に本田もようやく負傷が癒え、メキシコデビュー戦でゴールを決めた。まだコンディションは100%ではないが、これまでの経験値を考慮すれば招集すべきピースだ。

また、すでにハリルホジッチ監督はセレッソ大阪で結果を残している杉本か鹿島の金崎のどちらかを招集する可能性を明言しているが、個人的には2月の記事で推した金崎以外の選択肢はない。
この大一番に代表招集経験のない杉本をぶっつけ本番で起用するのは、あまりにもリスクが大きい。金崎であれば代表での実績、そしてその「ゴールへの執着心」で相手の脅威となるはず。

ちなみに個人的にはジュビロ磐田の川又も招集するに値する活躍を見せていると思うが・・残念ながら枠がない。

希望招集メンバーによるスタメン

GK及びDFラインは変更なし。

MFは精神的支柱の長谷部と、すでに代表でも安定したパフォーマンスを発揮している井手口のダブルボランチ。そしてトップ下にはやはり中村俊輔の大抜擢を希望。
プレッシャーのかかる試合を何度もくぐり抜けたベテラン二人と強心臓を持つ若武者のトライアングルは安定感が期待できる。俊輔が下がってボールを受ければ、より推進力のある井手口がポジションチェンジし攻撃参加するパターンも有効だ。

FWは負傷明けの大迫、希望するプレミアリーグへの移籍に揺らぎ精神面の懸念がある原口、そして現在ゴールから遠ざかっている久保と3選手ともに問題を抱えている。
個人的には守備での貢献度も高い岡崎をスタメン起用し、状況に応じて金崎、乾、久保を投入する方が良いのではと思う。

オーストラリア戦、大事なことはとにかく勝つこと。勝利に直結するメンバーを監督が送り出してくれることを祈りつつ、24日の発表を待とう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう