Shooty

見た目のサッカー:2世選手に受け継がれるもの

タカハラユウスケ

2017/06/03 19:53

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NEWS

ずっとサッカー選手を描いてきたイラストレーターがサッカーを戦術や技術といった視点ではなく、
いち視聴者としてプレーヤーの「見た目」から個人的な見解でサッカーを語ります。

2世選手に
受け継がれるもの


© タカハラ ユウスケ

 サッカー界の2世選手といえば誰を思い浮かべるだろうか?

 少し前であれば、パオロ・マルディーニ(元イタリア代表)やファン・セバスチャン・ベロン(元アルゼンチン代表)、現役ですでにワールドクラスの域に辿り着きそうなのは元オランダ代表監督でもあるダニー・ブリントの息子であるダレイ・プリント(27 マンチェスター・U=イングランド)やブラジル代表として活躍したマジーニョの子供であるチアゴ・アルカンタラ(26 バイエルン=ドイツ)とラフィーニャ(24 バルセロナ=スペイン)兄弟といったところだろうか。

 その他にも最近の若手として注目されてるのは元オランダ代表パトリック・クライファートの息子であるユスティン・クライファート(18 アヤックス=オランダ)、アトレティコ・マドリー監督のディエゴ・シメオネを父に持つジョバンニ・シメオネ(21 ジェノア=イタリア)、元イタリア代表エンリコキエーザの息子フェデリコ・キエーザ(19 フィオレンティーナ=イタリア)、東欧のマラドーナと呼ばれたゲオルゲ・ハジの2世ヤニス・ハジ(18 フィオレンティーナ)など枚挙にいとまがないほど最近のサッカー界には2世選手が多いのだ。

 彼らが全員父親のような一流の選手に上り詰めるかはまだなんとも言えないが、二十歳前後にして有名クラブのトップチームに所属しているだけでもアスリート能力の遺伝というものはあるのだろうと感じさせる。父親の現役時代を重ねながらその息子のプレーの違うところやにているところを探すのもゲーム以外のサイドストーリーとしての楽しみ方を提供してくれる2世選手たちを見るのは一つの楽しみでもある。

 と、2世選手の実際のプレーやら生い立ちやらなんやらを追うのはほかの記事に任せるとして、この記事で注目したいのは海外の2世選手たちのルックスである。マルディーニはいかにもイタリアの伊達男といった顔立ちだし、ダレイ・ブリントもイケメン特集ではかならず特集されるであろうイケメンである。その他にあげた選手も特別顔で注目されるほどではないにしても、ゴッツイ顔をした父親たち(キエーザは比較的ハンサムだが)に比べると3割〜5割増すっきりした顔をしているなあといつも思っていた。なんで2選手は綺麗な顔になるのか…これを考えていたら一つの結論にたどり着いた。モテるからだ・・・有名なサッカー選手はいい女と付き合うからだ・・・と。素敵な外見の女性との子供だからその遺伝子が子供にも受け継がれるんだなぁ・・・・というゲスな結論に至ったわけだがそれもまたサッカー少年たちにとって夢のある話かもしれない。

 外見の美しさであげないわけにはいかないのがデビッド・ベッカム(元イングランド代表)だが、彼の3人の息子たちはどうやらサッカーではなく芸能の方向へ進みそうな雰囲気だ。あれだけのセレブリティであればそれもいいのだが、あの糸を引くようなロングパスが息子たちが見せてくれないのだとしたら少し残念に思う。

 最後に余談だがサッカー界の2大巨頭メッシとクリスティアーノ・ロナウドにも2世が生まれている。メッシの子供はロナウドの子供の869日後に生まれたのだが、これは親同士の誕生日もと全く同じ869日の差なんだそうだ。息子たちは親の因縁まで受け継ぐのだろうか。2世選手への興味は尽きない。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう